キャッチボール屋

「キャッチボール屋」(2005年)を。

【監督】大崎章
【脚本】足立紳
【音楽】SAKEROCK
【挿入歌】「夢先案内人」(唄:山口百恵)

【CAST】
大森南朋 キタキマユ 寺島進 松重豊 光石研 水橋研二
内田春菊 庵野秀明 三浦誠己 康すおん 峰岸徹 キム・ホジョン

【STORY】
会社をリストラされて東京から故郷に戻ったタカシは、高校時代の野球部の仲間たちと飲んでいるうちに、酔った勢いで東京行の最終電車に乗せられてしまう。
ところが、目覚めた場所は都会の公園。再び上京した理由をさっぱり思い出せないまま、スーツ姿の見知らぬ男から10分100円でキャッチボールの相手をするキャッチボール屋の店番を頼まれる。結局、男が戻ってくることはなく、タカシはその不思議な商売を引き継ぐのだが…。




 
*

みんな若い!
結構古い映画なのかと思いきや、6年前・・・

てか、音楽がSAKEROCK!!
そうか~・・・ハマケン・・・・・
私は知らなかったけど、こんなに前から活躍してたのね(しみじみ)

峰岸さんが最初と最後に。
うむ・・・
やはり良い役者さんだなぁ。

内容について。
ほわーっとして、良かった。

寺島さんと松重さんの対決シーン・・・良かった。
あのボールは何処へ行ってしまったのかしら?
あんな豪快に飛ばしてしまったら、誰かにぶつかっちゃわない?とか
公園の外に出ちゃうんじゃないかと心配になっちゃったよ(汗)

水橋さんのキャラは面白いね。
借金取りだけど、悪いヤツじゃない。
てか、夢追い人か?
オーディションとか受けに行って落ちて・・・(汗笑)

しかし・・・三浦さんが髪長いのって初めてだな。

犯人さんは、どこに行っちゃったのかなぁ。

あのOLさんが、タカシを「キミ」って呼ぶのがなんか不思議だったなぁ。

・・・・・まぁ、こんなところか。
マトモな感想が書けない・・・(汗)
[PR]
by さや | by SAYA-PEA | 2011-05-21 16:39 | おうちで映画。 |

<< いのちを詠う ―日本の現代詩から― まほろ駅前多田便利軒 >>