252 生存者あり

「252 -生存者あり-」(2008年)を。

【監督・脚本】水田伸生
【原作・脚本】小森陽一

【出演】
伊藤英明 内野聖陽 山田孝之 香椎由宇 木村祐一 MINJI 山本太郎
桜井幸子 大森絢音 松田悟志 杉本哲太 西村雅彦 温水洋一 ほか
 
【STORY】
関東に直下型地震が発生して数週間後、都心の機能は回復しつつあった。
しかし、この地震の影響で海水温度が急上昇、それは巨大台風を発生させ、
その脅威が臨海副都心に迫っていた。東京消防庁のハイパーレスキュー隊が
必死の救助にあたるなか、音波探索機が高潮による水没で壊滅した新橋の
地下から「2、5、2(生存者ありの暗号)」の音を捉えた。ハイパーレスキューの
暗号を知っている人間が地下に閉じ込められているのだ・・・。



 
*

やー・・・泣いた。泣いちゃったよぅ。
まぁ、ちょっと「ぉいぉい?」って展開もあったけど(汗笑)
そういうのあってもまぁ・・・良かったよ。うん。


最初、山田孝之の感じ悪さに、かなりムカついてたけど。
だってさー・・・
何もしないくせに、文句ばっか言うんだもん。
「一人くらい助かったんじゃないか」とか・・・
よくそんなこと言えるよね。
ギリギリまで頑張ったっつーの。
じゃぁ、お前が最後まで残ってみろよ!って感じよ。(プンプン)

まぁ・・・途中で、医者として手を尽くしたり、過去の話をしたりして、
そんなイヤなヤツじゃないことが分かったから許すけど(←上から(爆))

しかし、キム兄・・・子供9人って!!多っ!!(驚)
あの商品で、家族を養えるかっていうと・・・残念ながら・・・・・(もごもご)

しおりちゃん・・・
最後のシーン(←端折りすぎ?)はもう・・・泣いたわ。
静馬(内野さん)とこに駆け寄って、「パパは?」って・・・(泣)
で、あの叫び。
くぅぅ~~~・・・・・(涙)
号泣。

都合良くハッピーエンドにはならないのか・・・と思いきや。
キターーー!!!!!

警察犬・・・見つけた!!
252! 生存者あり!!
おぉ~!!!

いいよ。ハッピーエンドはいいよ。いいに決まってるさ。

けどさ~・・・
内野さんみたいに、担架で運ばれるくらいの状態じゃないのかよぅ!
自分の足で力強く歩いて出てくるだけでもビックリなのに・・・
救助に来たレスキュー隊(山本太郎?)を担いで来るって!!
ちょっと、スゴすぎだろ!!(笑)

しかも、普通、すぐその担がれてるレスキュー隊を下させるだろうに・・・
いつまで歩かせる気だ!!
・・・まぁ、画的に重要なシーンだから仕方ないんだろうけど。


とまぁ、最後の最後にツッコミまくりでしたが・・・
レスキュー隊の方々って、ほんとにスゴイなぁって感動しました。
自分の命をかけて、人を救うなんて・・・
しかも、強制されてるわけじゃなく、自分が「救いたい」と思ってやってるんだもの。
ほんと素晴らしい。

まぁ、レスキュー隊に限らず、人のために尽力してる人は多いわけで・・・
人のために生きてない自分が申し訳ないというか、恥ずかしいというか・・・
そして、そう思っても行動に移せない自分がまた・・・(ため息)

そんな、イロイロ考えながら観ておりました。
[PR]
by さや | by SAYA-PEA | 2011-02-26 17:57 | おうちで映画。 |

<< フユヒコ 楽屋 ~流れ去るものは やがて... >>