楽屋 ~流れ去るものは やがてなつかしき~

「ミッドナイトステージ館」で、

「楽屋 ~流れ去るものは やがてなつかしき~」
 @2009年5月 シアタートラム


を。

【作】清水邦夫
【演出】生瀬勝久
【出演】小泉今日子 蒼井優 村岡希美 渡辺えり

【STORY】
チェーホフの「かもめ」を上演中の劇場の楽屋。
女優2人は、舞台化粧に余念がない。
そこに主演女優と、かつて彼女のプロンプターを務めていた若い女優が登場。
あろうことか、若い女優は「主役を返せ!」と詰め寄るのだが・・・。




 
*

最初の、生瀬さんと渡辺えりさんとの対談が面白かった。

渡)「感情のまま、感じたようにやってくれって仰ったじゃないですか」
生)「いいましたか?」
渡)「覚えてないんですか?」
生)「・・・言いました」

生瀬さんが、完全に押されてる・・・(笑)

4人とも初めてだったから、全部、どうしましょうか?って言おうと思ってて。
「読み合わせ長くやりたいですか?」「テーブルワークやりたいですか?」
とか聞いたら。
「何も用意してきてないのかよ!」って顔されたって(笑)
結局、テーブルワーク1日、次の日から立ってやりましたよね。って。


渡辺さんが、生瀬さんの話を聞いていて
「舞台上で個性が発揮できて、その人が存在してるのが伝わればいい」
ということと、
「生瀬さん自体が演劇が好きで、自分が楽しめる芝居を観たいんだな」
ってことがわかってきた・・・と。


あと、(主語がなかったけど多分、渡辺さんが)本番出る前に
「もう疲れた。もうダメかもしれない。死ぬ3歩手前まで頑張るから。」
って言ったら、蒼井優ちゃんがツカツカツカ・・・と、やってきて
「死ぬ1歩手前まで頑張ってください。」
って言ったって!

「俺が言わなきゃいけないことを20代の蒼井優が・・・」って、生瀬さん。
渡辺さんによると、
「女優の話なんだから、過去の女優、これからの女優のために
私たちが頑張らないと!って思いが常にある。」んだそうな。
すごいな、蒼井優・・・

「南へ」が楽しみだ♪

てか、観終わって「そりゃぁ疲れるわな。」って思った。


*

すごい。
女優って怖い!って思った。
執念というか・・・恐ろしい。

蒼井優が登場してからが狂気じみていて、ジワジワと怖いんだ。


そして、ニーナ役の女優が去って、再び蒼井優が登場してから・・・
「あぁ!そういうこと?!」って展開。
舞台化粧に余念のない2人の女優・・・
見えない存在だったのか。

ニーナが性格悪くて、帽子のシーンとか「見えてないようにシカト」してるのか?
って思ってたんだけど・・・なるほどねー。
その他の時は、絶妙なタイミングでやりとりしているように見えてたから。
・・・あ。そういえば、枕を持ち上げた時のあのパニクり方は、
持ってる人が見えなかったからか・・・なるほど、なるほど。


いやぁ~・・・
女優、すげーな。(しみじみ)
[PR]
by さや | by SAYA-PEA | 2011-02-26 15:25 | エンタメ(*≧∇≦)b |

<< 252 生存者あり 歩いても 歩いても >>