「魔法の扉 Magic with Life」前田知洋さんトークショウ&マジックレッスン(サイン会付) 1

e0023247_085466.jpg
「魔法の扉 Magic with Life」
前田知洋さんトークショウ
 &マジックレッスン(サイン会付)







2010.2.9 TUE
 17:45 OPEN
 18:00 START

丸善・日本橋店(3階ギャラリー )



今さらですが、どうしても記録はしておきたいのでエントリー。
いろいろ、モノや人のチェックなどして、なるべく詳しく正確に・・・
・・・と思いつつ、忘却の彼方に行ってしまったものは消えたまま、
代わりに(?)私の思いなど織り交ぜつつ、「なんとなくこんな感じ」で。

・・・長くなるので、とりあえずトークショウ編☆




 
丸善日本橋・・・久しぶりだ~♪
定時が18時だから、早退。
情報を知って、その日に予定がないとわかった瞬間に即決☆
整理券を入手する前に、早退宣言しちゃうくらいの勢いで。
17時でも間に合うのに、ウキウキソワソワ気が急いて・・・16時半上がり(笑)

マリオネットさんと合流して、商品を受け取り、早いけど・・・と3階へ。
わおっ!まだ30分以上あるのに、もう並んでる人がっ!!
ということで、私たちもそのまま並ぶ・・・
知った方を見つけてはご挨拶しつつ、あれやこれや語りつつ、開場待ち☆
もうさ、喋ってないとドキドキしすぎてダメなのよね(笑)

開場して・・・円卓の真ん前の席に。
図々しくてスミマセン(汗)・・・と思ってはいるんだけど、
遠慮よりも「近くにいたい!」という思いが勝ってしまい・・・・・つい。

それにしても・・・近っ!
前田さん登場前から、その近さに照れてしまったよ(笑)

お席が2つということで、相手は誰かしら?って予想。
ノムラさんだったらスゴイ!とか、ありえない予想を・・・(笑)
「ノムラ部長と前田くん」・・・好きだったからさ。

で、まぁ、当然予想はハズし・・・丸善メルマガ担当の赤澤さんが登場。
自己紹介と、スケジュールと、注意事項と、出版物・DVDの紹介(?)・・・とか。
持ってないのはMLだけだな・・・とか、限定版が残ってるの?!とか思いながら。


そして・・・いよいよ、前田さん!!
あぁ・・・今日も颯爽とご登場。
ステキ!カッコイイ!!
登場早々、もう釘付け。。。

・・・ち、近っ!!
見つめながらも、あまりの近さに、やっぱり照れる(笑)
ので、お衣装に目を向けてみたり・・・
紺のスーツに、襟は真っ白ピンストライプのシャツ・・・爽やか!
かっこいいにゃぁ~。。。と、ニヤニヤ止まらず。


丸善は大学時代に参考文献を探しによく来ていて、そんな場所でサイン会を
するなんて当時は思ってもみなかった・・・など、ご挨拶して着席。
(・・・いや、もう着席してたかも?)

お席に着くなり、「赤澤さん、自己紹介しました?」と前田さん。
「えぇ、一応・・・」
「なんてされたんですか?」 (お・・・追求するね!)
「えー、メルマガやってます、と・・・」
前田さん、それじゃ足りないという感じに、赤澤さんをご紹介。

(以降、セリフ形式や、私の聞いた風など、文体や主語がごちゃまぜになります・・・
なんとなーくで、ご理解ください(汗爆))


赤澤さんにインタビューの相手をお願いしたのは前田さんだそう。
知り合ったキッカケは知的な距離感のインタビューをネットに載せたいという
オファーで、【人を動かす秘密の言葉】の時は「サイン会やりましょう!」って
言っていただき、そのときは本店で・・・と。
・・・・・と、両方の本の話をしたけど・・・本店でやったのも知的な距離感じゃなかろうか?
・・・・・・・・それとも、あったのに、私が参加できなかっただけかしら?(忘却)


「両方のイベントに参加された方もいるかもしれませんが・・・」
・・・います!ココに!!(笑) (←言わないよ。思っただけよ。)
・・・・・勘違いじゃなければの話だけど(汗)

その後、友人であり先輩であり先生でもある、ナポレオンズのパルト小石さんの
神様の愛したマジシャンのイベントではゲストで呼んでいただいて・・・って。
「いつくらいでしたっけ?」「・・・去年?」とか、顔を見合わせるお二人を見て、
思わず、ブンブン首振って「違う」とアピールする私と、「一昨年!」と言っちゃう
マリオネットさん・・・(笑)
「ありがとうございます」と言われ、ホッとするやら恥ずかしいやら・・・

そんなこんなのご紹介で、私もずいぶんと赤澤さんのお世話になっていたと
わかり、ただただ感謝でございます。


○丸善のこと

しばらく前から活字離れが危惧されているけど、丸善にはたくさんのお客さんが
いて、店員さんたちは本にすごく詳しくて、本を愛してる人がたくさん居るって
思えて安心する・・・って前田さん。

「地下には文具売り場もあります」と、赤澤さんに催促されて・・・(笑)
「あ、そうだった!それも言わなくちゃ!」って、ブックカバーの話も。

お父さんに「ブックカバーになったよ!」って報告したんだけど、話が大きすぎて
実感が湧かなかったようで、「あ、そう・・・」って言われました、って!(笑)
そりゃまぁ・・・そうかもね。
「すごい!」って驚くより、呆気にとられて「あ、そう・・・」になるのもわかる・・・

ブックカバー自体は、すぐになくなっちゃったけど・・・
日本橋店は、このデザインをすごく気に入って、看板を作って、
さくら通り沿いのウィンドウに飾ってます!と、赤澤さん。
グッジョブ!日本橋店さま、素晴らしいです!!

さらに、丸善謹製の原稿用紙と、とても書き味の良い万年筆「檸檬」の話。
ブックカバーの原稿を書いた時、万年筆の書き味が素晴らしくて気に入って、
「これは買えないんですか?」って聞いたんだけど、
「限定で発売したものだから、もう買えません。」って言われてしまい、
とても落ち込んだそう。でも、後日、赤澤さんが
「僕のストックでよければお譲りしますよ」とご連絡くださったって。
おぉ~!赤澤さん、ステキすぎるっ!
私からもありがとうございます(誰?(笑))
前田さんとレモン・・・なんか合う♪♪
ブックカバーではわからなかったけど、きれいなレモン色で、ペン先も凝ってる♪

で、「地下の文具売り場に、素晴らしい万年筆がたくさんあります」
って繋がり、赤澤さんの振りがココに繋がるのか~と納得(笑)


○クロースアップマジックのこと

まず、読み方から。「クローズアップ」じゃなくて「クロースアップ」。
クローズアップは、劇場が終演することだから、「クローアップマジック」と
言いますって。

単語が出来たのは最近で、昔は「ミクロマジック」とか「フィンガーマジック」とか
「ベストポケットマジック」とか言われてたと。
この【ベスト】とは、3ピースのチョッキのこと。
・・・で、「今日、マツイゲーミングの○○さんが着てた」って仰ったから、
私の中で、この方は、名前ではなく【3ピースさん】ということに・・・(ぉい(笑))

いろいろなスタイルのマジックがある中で、なぜクロースアップマジックなのか?
特徴は、ラグジュアリー☆
少ない人数で、一人のマジシャンを独占する贅沢。
近い距離で、洗練されたマジックを観る贅沢。
んー…ステキだっ!!


○TALLY-HOのこと

マジシャンがいっぱいいるマジックキャッスルで、トランプをなくしてしまった時に、
このブランドは前田さんのだ!ってわかってもらえるように、使い始めたそう。

で、テレビで手元だけが映ってるときでも、「この柄だから前田さんだ!」って
言ってもらえたり、ダイバーノンが若い頃に使っていたことがわかったりして、
今はこだわりを持っている・・・と。
数年前、別にマジックを好きじゃない友達に、「前田さんが好き」って話をした時、
タリホーを見せたら「あ、知ってる!」って言われたなぁ・・・って思い出した。


○テクノロジーとマジックのこと

マジックのタネにテクノロジーを使うことには懐疑的である・・・と。

たとえば、カードにチップが入っていて、お客様の選んだカードが
自動的にわかったりしたら便利そうだけど、バッテリーが切れてたり、
電波が届かなかったりするかもしれない。
バッテリーの残量も電波も目に見えないものだから、不安って。
見たり触ったり、感覚的に確認できるものの方が信頼できるって。
なるほど。便利に思えることも、不安要素多いんだなぁ・・・


○前田さんが尊敬しているマジシャンのこと

一人は、オランダのマジシャントミー・ワンダーさん。
使う道具が全部手作りで、オリジナリティ溢れてて素晴らしいと。
もう一人は、イタリア系アメリカ人のトニー・スライディーニさん。
クロースアップのスタイルを確立した、アメリカ中のマジシャンを熱狂させた人。


○モダンリビングのこと

マジシャンなのに、なんで建築とかリノベーションの雑誌にエッセイ書いてるの?
って聞かれるんですが・・・「実は、趣味が建築なんです。」って。
わー!前田さん、すっごく楽しそう!
今まで以上にステキな笑顔!!
見てる私まで建築を趣味にしたいと思うくらい、楽しそう・・・(笑)
その上、「楽しい趣味なのでオススメです」なんて言われたら・・・
思わず「うん」と頷くさ!(笑)

良いショーの条件は、演技者・お客様・場所がいいことだと思う。
この広さなら、こういうマジックを・・・とか、
お客様の年齢層がこのくらいだから、このくらいのテンポで・・・とかを
考えていて、いろんなことと調和していくことがエンターテイメントでは大事。
で、良いショーをやるために、建築が深く関わっていると思って、勉強した・・・と。

あと・・・ダヴィンチの話。円の中で人が両手両足を広げてる有名な手稿・・・
身体の対比は建築物に反映されるべきっていう、ウィトルウィウスの考えを
ダヴィンチが絵にしたものだそう。
ほぉ~!って思ったけど、よくわからないから、Wikiさんでチェック。
発音難しいお名前は覚えられなかったけど、ダヴィンチ経由で到達~♪
ふ~ん。ほぉ~ん。すごいなぁ・・・そんなこと、私は思いつけないよ。。。


○前田さんが好きな建築家のこと

コルビジェって即答!
「僕と同じ、182cmなんです。」って☆
いろんな建物を自分基準で設計した人だそうで、天井のライトは182cmの人が
電球に手が届く高さ、ドアは182cmの人が頭をぶつけない高さにしたとか。
おぉ♪じゃぁ、前田さんにピッタリだ~♪♪

あ。あと・・・「マンションの原型を作った人」だとも仰ってたねぇ。
当時は「人間が住む場所じゃない!」って怒られたそうだけど・・・
亡くなった後にいっぱい建築物が残ってる、先進的な人だったって。


○色のこと

発売したばかりのモダンリビングの表紙がグリーン、今日の座席においてあった
チラシにはラブグリーン企画、Magic with Lifeのタリホーもグリーン・・・
ステキな偶然。全部グリーンだ~♪
前田さんが、グリーンがくると思った!」って(笑)

ちなみに、今まで作ったタリホーは・・・
赤、青、小ちゃいやつ、淡いブルー、グリーン。
グリーン、来たー!!(笑)
と思いつつ、全部持ってるぅ~♪って喜んでた(笑)


○マジックグッズが少ないワケ

テレビ出演や、本の出版や、雑誌での連載などでご活躍されてますが、
本業であるマジックの本やグッズが少ないように思うのですが・・・と赤澤さん。
「何かを買ってもらうには、覚悟が必要だから。」
・・・!!
っくぅ~~・・・かっこいい!かっこよすぎる!!

無責任にポンポン作るんじゃなく、買ってもらうからには「前田さんのを買って
良かったね♪」って言ってもらえるような、良いものを作らなくちゃいけないって。
ひとつひとつを大事にして、良いものを作りたいと思ってるから、そう頻繁には
出せない・・・と。
くふぅぅ~~~・・・・・なんてかっこいいんだっ!!(惚れ惚れ)


○【Magic with Life】のこと

マジックを趣味にしている方に、良かった♪って思ってもらえたら・・・と、
「あなたが素敵になるカードマジック」というサブタイトルに合う内容にした・・・と。

たとえば、料理が趣味の人は、友人や家族においしい料理を振舞ったり、
健康を気遣った食材選びができるメリットがあるけど、
マジックが趣味の人は、誰かに見せないと、喜びを感じられないと思う。
だから、マジックを見せなくても、姿勢が良くなったり、立ち居振る舞いがきれい
になったり、腰が痛くなくなったりしたら、マジックをやってて良かったと思える
かな・・・と、前田さん自身が気をつけてみたら、「最近、立ち姿が変わったよね」
って言われたり、疲れにくくなったなと思うことを紹介してみました・・・って。

そうか・・・。だから、「あなたが素敵になる」だったのか~(納得)
サブタイトル見た瞬間に「あなたが素敵なのです!」と、言ってしまったけど(笑)

素晴らしい説明書を書いてもらったので、読めばわかると思いますが、
紙面は限られているから書ききれなかったこともあるので、
この後のレッスンで実践しながら、もっと詳しくお話しますねって♪(嬉)


お客さんからの質問タイム。
「あの・・・ムリに質問する必要はないですよ?」って前田さん(笑)


○マジックの練習はどれくらいするんですか?

「カドが取れるまで」
新しいマジックを身につけようとすると、秘密の動きを隠そうとしてギクシャク
してしまうけど、何回も練習するうちにだんだんスムーズになってくる・・・と。
なるほど。「カドが取れる」って分かりやすい表現だな~♪

カドが取れたなーって思えたら、本番で披露するので、練習期間は
モノによって3ヶ月から1年くらいかかるそう。
テレビを見ると、いつも同じマジックだから「他のマジック出来ないの?」と
思われているかもしれませんが、多くのマジックは練習中です(笑)・・・って!
前田さん、ナイス!!(笑)


○練習のモチベーションはどうやって保つんですか?

最初は、「このマジックを見せたらお客様はすごく喜んでくれるに違いない!」
って練習を始めるんだけど、途中で「そうでもないかもしれない・・・」って思って
練習の熱が冷めてしまうことがある。
そんな時はムリに練習しないで、頭の中の引き出しの中にしまっておく。
しばらくして、映画を観たり、美術館に行ったりしたときに、「あのマジック・・・
やっぱりいいかも!」って思い出すことがあるので、そうなったらまた練習開始。
気分が乗らないときはムリに練習しないのがポイントなのね♪

でも、1年練習したのにお客様に見せたら、お客様がそのマジックをあまり好き
じゃなかった・・・ってこともある、とも仰ってた。
ふーん。そういうのもあるのか・・・


○初対面の人の心を掴む方法は?
その人に会うための準備をしておくことが大事。
別に特別なことである必要はなくて、「今日のために名刺入れを新しくしました」
とか、「来たことがない場所なので、来られて良かったです」とか・・・
自分にとって何をしたのかを、素直に話すと良いって。

あと、パーティーとかなら「このワイン、初めて飲んだんですが、おいしいですね」
「お飲みになりました?」とか、ひとつのことを一緒に経験すると打ち解けやすい
って。
なるほど、なるほど。たしかに、親近感湧くな~♪


・・・・・という感じで、トークショウおしまい。
次、マジックレッスン。

とりあえず、またお時間かかりそうですが・・・(汗)
つづく☆

TBするなら、完結してからの方が・・・とも思ったけど、
それこそ、いつになるのかわからんから・・・まだ途中だけどしちゃえ~♪
[PR]
by さや | by SAYA-PEA | 2010-02-20 00:36 | 前田知洋さん♥ |

<< 東京タワー ~オカンとボクと、... 契約更新の話 >>