莫逆家族 バクギャクファミーリア

e0023247_372045.jpg莫逆家族
バクギャクファミーリア



傷だらけの大人達が魅せる
絆の物語





2012.2.25 SAT

東映試写室

☆2012年9月8日公開



【原作】田中宏 「莫逆家族」(講談社「ヤングマガジン」KCスペシャル所載)
【監督】熊切和嘉
【脚本】宇治田隆史

【CAST】
徳井義実(チュートリアル) 林遣都 阿部サダヲ 玉山鉄二 中村達也 大森南朋
北村一輝 ARATA 倍賞美津子 村上淳 新井浩文 ほか

【STORY】
17歳にして関東一の暴走族「神叉」のトップに君臨していた火野鉄。現在は、
家族を養うために建設作業員としての毎日を過ごしていた。しかし、理不尽な
事件がはびこる現代社会の中で、ただ黙って働く日々に痺れを切らした鉄は
自らと仲間たちを「家族」と名乗り自分たちのルールで生きていこうとする――。




 
*

好きな人がいっぱい出るから、観たかった映画。
実は観たのは、公開の半年以上前の2月・・・
チラシやポスターもなく、エンドロールも付いてない状態の試写で、
関係者以外で観るのは初めてってくらい、早い段階で観れちゃったので、
ブログやツイッターで言っちゃダメって、口止めされたもんで(笑)今エントリー。
(・・・観た当時に書いたものを、ただ公開エントリーにしただけ)

始まる前と、観終わってから、6種類のポスター案を並べて、
どれが一番観たくなるか?って、アンケートもあった。
・・・どれもカッコ良かったですよ。
私が選んだもの・・・使われてるか?(覚えてない・・・(汗))

*

以下、内容について。
ネタバレもあるので、ご注意を。

なんか・・・登場人物が多くて、顔と役名が一致しない(汗)
(私の理解力の問題なんだろうか)
子供の頃、誰と誰が出会った・・・とかってエピソードが、役名を把握してないから
成長したところでは誰と誰ですか?って感じで・・・(滝汗)

阿部さんとタマテツ・・・か?
んで、徳井さんってことだったのかしら?

あと、若い頃の映像が・・・ムリない?(汗)
子供の頃は子役がやるからいいけど、10代の頃から現在までをやってるから・・・
何歳で暴走族やってるのよ!って感じがね・・・
10代なんだよね・・・

北村さんの役なんて、「現在」は登場しないから、
若い子でも良かったんじゃ?(汗爆)
・・・って思ったけど、周りとの兼ね合いで、それはムリか。と納得。

あと、ARATAさん・・・
いつ出るのかしら?って、思ってたけど・・・まさかの鉄の父親役。
ここもさ~・・・
子どもの鉄と、ARATAさんは、「親子」って感じで納得なんだけれども・・・
ばあちゃんが・・・(汗)
鉄と父親だけ若いのに、なんで母親は若くないんだー!!(←酷)
もっと光で飛ばすとかさ~・・・
あんな、実像で見せちゃったらさ~・・・
時代とか、わけわからんくなるよね。

・・・・・さっきから、とっても失礼なこと言ってますが(汗)
でも、言わずにはいられないくらい、キツい。
もうちょっと頑張って若作りして欲しい!と、思うもん。仕方ない!!

ネタバレた挙句、ダメ出ししかしてないですが・・・面白かったです。
血みどろな暴力シーンが多いので、「絶賛!」って感じにはならないけど(汗)

タマテツ・・・カッコイイねぇ♪
大森さんもステキだねぇ♪
徳井さんも阿部さんも、なんか・・・イイね。いいお父さんだわ。
徳井さん、ちょー強いし♪

伊藤明賢さんも出てるんですが・・・やはり、バーターなんでしょうか(笑)
てか、やっぱり明賢さんてカッコイイなぁ(しみじみ)

中村さん・・・こえぇぇ~~(汗)
若い頃、コワすぎっすよ。
そりゃぁ、村上さんの気が変になっちゃいますよ。

でも、大人になってからは、村上さんの方がコワいね。
小心者がキレるとイヤね~。
あんなビビってたくせに、あんな酷いことしてさ~。サイテー。
死者を冒涜するようなコトとか、最悪。
素手で来てる人に、鉄パイプってのも卑怯だしさ~。
「死ね!」って思っちゃったもん。
子供の頃はイイヤツだったのに・・・(遠い目)

新井さん・・・切ないねぇ。
アイツが、子供の頃はカッコ良かったのに、ビビリになっちゃったもんだから・・・
あんなことになっちゃって・・・かわいそうに。

最後、どういう風になるのかと思ったんだけど・・・
まさかの警察沙汰。
・・・そうだよねぇ。そりゃ、警察来ますよねぇ・・・

あの主犯(?)の包帯少年は・・・死んだ?
でも、あいつらはボッコボコにしてやって良かったと思う。
あんなヤツらをやっつけて、逮捕されるのは気の毒ですらある・・・(汗)

徳井さんも気の毒。
だって、村上さんを生かしておいたら、絶対また最悪なことになるもん・・・
誰が助けてくれるのよ。そんな時。
「家族」を守ってくれただけなんだよねぇ・・・

けど、大森さんが言うことは正論。当然。
オトナだ。

うむむ・・・いたたまれない(遠い目)

こんな、警察沙汰になっちゃうようなコトはやりすぎなんだけど・・・
血の繋がらない仲間と「家族」って言って、信頼しあって、
繋がっていられるのは羨ましいなぁって思う。
誰かに何かあったら、みんなが駆けつける・・・みたいなの、ちょっと憧れる。

集合写真とか、いいなぁ。
・・・大森さんが、卒業アルバムの欠席者みたいに写ってたのが面白かった。

あとは・・・最後のシーン、結構好きだなぁ。
[PR]
by さや | by SAYA-PEA | 2012-09-09 03:19 | 映画★MOVIE | Comments(1) |
Commented at 2012-10-25 15:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 『HAPPY LIFE』86ヶ... サイケデリック・ペイン >>