7DOORS 青ひげ公の城

e0023247_1284555.jpg
7DOORS
 ~青ひげ公の城~








2012.3.25 SUN
 16:30 開場
 17:00 開演

グローブ座



【構成・演出】鈴木勝秀
【音楽】SUGIZO

【CAST】
水夏希 中山祐一朗 石橋祐 菅原永二 Spi オレノグラフィティ 伊藤ヨタロウ
陰山泰 SUGIZO

【STORY】
ユディットは青ひげ公の異名を持つ公爵から結婚を申し込まれた。彼女は公爵の
悪い噂を知る兄弟の反対を押し切り、何かが隠されているという「7つの扉」の中
を見たいという願望から結婚を承諾する。
公爵の執事に付き添われながら拷問部屋・花園・領土などの部屋を1つ1つ開けるユディットは、そこで謎の男たちに出会う。
彼らは一体何者なのか?
なぜ、この城に居るのか?
彼らの言う「7つのコレクション」とはなにか?
そして、彼らは何を意味しているのか・・・。
ユディットはなかなか姿を見せてくれない公爵への想いをはせながら歩を進め、
7つ目の扉を開ける。この最後の扉を開いた時、青ひげ公が「7つのコレクション」
に託した「7つの扉」の理由が明らかになる。




 
*

ステージが、能舞台みたいに四角く前にせり出していたから、
最後列だったのに、なんだかとても近く感じた。
青ひげ公が登場する、あの扉の奥以外はよく見えた。

すごかった。
世界観が・・・すごい!・・・・・すごい。(←二度言う)

ストーリーとかチェックしないで観劇したから、
扉の向こうには何があるのかしら~?なんて、ユディットと同じく思ってたけど、
最初の扉で「七つの大罪」か・・・とわかり、ウキウキ度減少(汗爆)

料理を次々に置いて行く、黒装束の人たち。
最後の人、ヨタロウさんだ!って思う、仕草。
暴食オレノさんの膨大なセリフに圧倒。

肉欲なダンスは、エロいっすなぁ。(ドキドキ)

強欲の人は我を忘れてる感じ。
他の人たちは、自分が置かれてる状況を理解しつつ、抑えられない感じだけど、
ただの白い紙を数えてるこの人は、ただの白い紙だって理解してるのかしら?

怠惰の武器庫番・・・なるほど。
実際に武器がなくても、武器庫があるだけで良いのか。

憤怒・・・
「ギロチンで頭と身体が離れたら、私が居るのはどちら側だろう?」って・・・
深いな。なんか・・・ちょっと、私も考えた。わからなかったけど(ぉい)
水・・・ここでこう使うのか。

嫉妬・・・歌。
ヨタロウさんとユディットのデュエット。一番和やかな感じなのに、そーでもない。
ヴェルレーヌの言ってることは、よくわからなかった(汗)

最後の傲慢・・・驚いた。
「神」である公爵に選ばれた・・・って思ってるのが、傲慢なのか?

そして、時の間。
公爵は、花嫁を探していたんじゃなく、救世主を探していたんだな。
自分を解放してくれる人を。
こんなことなら、見初められたくないなー・・・などと思ってしまったり(汗)

でも、ユディットは強いな・・・
そして、これからずーっと孤独なんだな・・・

笑うトコとかないし、面白くはないけど、すごかった。(←一応褒めてる)
とりあえず、冒頭の、公爵のヴァイオリンがかっこよかった。
中山さん・・・ほぼ出ずっぱりだったなぁ。水さんよりちょっとだけ少ないくらい。


*

エントリーするにあたり、サイトを見たんだけど・・・

傲慢 pride
怠惰 sloth
憤怒 wrath
肉欲 lust
暴食 gluttony
嫉妬 envy
強欲 greed


・・・・・「鋼の錬金術師」を思い浮かべた。
んで、全然似てないんだけど、エンヴィーのあの雰囲気とヨタロウさんは
マッチしてるな~って、なぜかそう思った。

・・・何の話だ。(汗爆)


*

そして、次の日の菅原さんのツイートを読んで笑った。
笑うトコがない舞台だったのに(ぉい)

でも、たしかにそうなのだ。
中山さんは「蟹を求めて」って言ってた!!(笑)
ん?って思ったんだけど、サラッと流してしまってました。

蟹大好きなグリード・・・(笑)
[PR]
by さや | by SAYA-PEA | 2012-03-28 01:49 | エンタメ(*≧∇≦)b |

<< プレイリスト 池田屋・裏 2012 >>