探偵はBARにいる 大ヒット御礼舞台挨拶

e0023247_19273.jpg
探偵はBARにいる




2011.9.17 SAT

12:40


丸の内TOEI1


*大ヒット御礼舞台挨拶*
登壇者:大泉洋


【監督】橋本一
【原作】東直己 ススキノ探偵シリーズ「バーにかかってきた電話」
【脚本】古沢良太 須藤泰司

【CAST】
大泉洋 松田龍平 小雪 西田敏行
マギー 榊英雄 本宮泰風 安藤玉恵 新谷真弓 街田しおん 枡田徳寿 野村周平
カルメン・マキ 中村育二 阿知波悟美

田口トモロヲ 波岡一喜 有薗芳記 竹下景子 石橋蓮司 松重豊 高嶋政伸

【STORY】
舞台は札幌・ススキノ。
この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒
兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と
名乗る女から電話が・・・。職業柄、危険の匂いには敏感なはずが、簡単な依頼
だと思い引き受け、翌日実行。だがその直後に拉致され、雪に埋められ、半殺し
の目に遭ってしまう。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び“コンドウキョウコ”から
電話が・・・。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、
知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる、
沙織という謎の美女と大物実業家・霧島の存在。そして、探偵は4つの殺人事件
にぶつかる・・・。果たして“コンドウキョウコ”は何を目論んでいるのか?
事件と事件のつながりは何なのか?探偵と高田は、今日も街を疾走する。
そして最後に待つものとは?




 
*

初日舞台挨拶は、抽選にハズれ、一般も即完でダメでして・・・
でも、大ヒット御礼舞台挨拶は無事に。
・・・まぁ、初日舞台挨拶の日が発売初日だから、ちょっと競争率低くなるよね~(笑)

いや~・・・面白い。
こんな楽しい舞台挨拶、なかなかナイと思う!(・・・ぇ?)
いっぱい笑ったし、テンション上がるし、いっぱい笑うし。

登場するや、大声援と拍手。その中を、投げキッスしながら舞台へ・・・(笑)

2階席、ありがと~!
アリーナ~!


コンサートみたいで、客席もついつい「イェーイ!!」って盛り上がる。
もー、ガッチリとハートをつかまれました(笑)

「華々しい!」ってご満悦の洋ちゃん、ほんとスゴイなぁ。
なんか、「この人、ほんとに愛されてるなぁ」って思ったんだよねぇ。

「僕以外は誰も来ませんでした」と、たった一人の登壇だったけど、楽しかった。
独壇場だからねー(笑)

しかし・・・北海道、すごいのね。
北海道の劇場での集客が、今までの700%とか、
なんだかわけのわからんことになってたらしいし、
札幌の映画館が全国で1位になるということはまずない・・・のに、なっちゃったり。
すごーい!北海道の盛り上がり、すごーい!!

「これもひとえに皆様のおかげです。」と。
で、
「何回も見てる人が多いんです。
今日来てくれてる皆さんも何回も観てるんじゃないかな?」
と、アンケート開始。

「今日初めて観る人!」
・・・多い!(爆) (←私も正直に挙手(笑))
すると、
「君たちのおかげで1位になったわけじゃなーい!」
って!(爆)
すみませーん。ほんと、その通りです・・・(笑)

「案外居るんですね~。よく1週間我慢したなーと思いますねー。」
と、やんわり責められた(笑)

でもまぁ、モチロン、何回も観ている方も居て、
「何回観ても面白い」映画なのです。
この回が7回目っていうお客さんもいたもんね。
まだ1週間しか経ってないのに!!

で、大泉探偵から、驚きの発言が・・・
「10回に一回は違う結末が流れる」と!!(驚)
・・・すぅ~げぇ~な。
もー、次から次へと面白いコト言うね(笑)

そして、重大発表が。

「シリーズ第二弾制作決定!!!」

まだ1週間だけど、東映さんがやりましょう!って、早々に決まったと。
「東映さんは、このまま入り続けると思ってるんでしょうね~。」
・・・お、大泉さん??
何言っちゃってるんですか!!(爆)

もー・・・面白い(笑)

んで、構想については、戦隊モノとかアニメとか・・・
おいおい・・・っていうのを真剣に(笑)
もはや、違う映画になっちゃうじゃないか!!

いやまぁ、とにかく第二弾決定おめでとうございます。
そして、第二弾も楽しみにしております。


そして、客席の中に入ってのフォトセッションに。
てか、マスコミは初回のに入ってて、
2回目はフリーな感じになるのかと思ってたのに、2回目だったんだねぇ。


入り口で配られた団扇の出番!
サプライズの、お尻・・・(笑)
表は普通なんだけど、裏が「お尻」なの。
「シリ」がいっぱいで、「シリーズ」ということなのですね。

撮影始まって、振り返ってビックリする洋ちゃん(笑)

「ばかばかしい」
「映画に関係ないじゃないですか」
「使ってもらえるんでしょうか?」

と(笑)
・・・でも、さすが大泉洋!
きっと使われないって。
「わかる」って(笑)
ネットの記事見てみたら、ほんっと、見事に客席がほとんど見えない・・・(汗笑)

で、ポジション的に写りこみそうな私でしたが、写りませんでしたー(笑)
あ、でも・・・まだテレビがある!(←期待(笑))

テレビ用の撮影タイムは「お尻を振って!」ってお客さんに。
「団扇じゃなくてほんとにお尻!」って。
・・・お尻振っても見えないじゃん!!(笑)
んで、カメラからは見えないのに、ちゃんとお尻振り振りしてた(爆)

てか、ピンポイントで数人しか見えなかったと思うけど、
最初の方とか、お尻をキュッとしたりして、お客さんにサービス(?)してた!
もー、ほんと面白い。
私、お一人客だったけど、かなり笑ってたからね(汗笑)

・・・まぁ、そんなこんな。
すっごく楽しい舞台挨拶で、洋ちゃん好きになりました☆


以下、ニュースサイト。

映画.com
シネマトゥデイ
オリコン
マイコミジャーナル


*

はい。次、本編。
少しだけ。

面白かったし、カッコ良かった!
そして、PG12の理由がわかった気がする・・・
「たしなむ」シーンがきっと・・・ね?(笑)

高嶋政伸にビックリ。
なんか、イメージが全然違う。
・・・髪型のせい?
今まで、短髪でおでこ全開なイメージだったから・・・
一瞬「誰?」って思った。

トモロヲさん、なかなかハジけてましたね。
「今夜返してもらう」って言った時は、どーなっちゃうのかと思ったよ(汗笑)

しかし・・・探偵(と、助手)って、強くないと危ないね~。
アクションシーンカッコ良かった~!
ビミョーに来るのが遅いけど、強い助手が助けに来てくれて、
探偵さんも、なにげに強くてカッコイイ☆

でも、いつも勝てるわけじゃなく・・・やられると痛い。
・・・ボッコボコじゃないですか(汗)
おそろしい・・・
あ。ココがPG12の理由なのか??

でも、すごい生命力!探偵さん!!
そーだよ。生きててくれないと、高田悲しむからね。

高田・・・飄々として、マイペースでステキ♪
かっこいい♪


ラスト・・・悲しいんだけれど、良かったと思う。

・・・あ。ネタバレますので、ご注意くださいませね。

復讐とか言っても、2時間ドラマとかだとさ~・・・
ほんっとの悪いヤツ・・・黒幕とか、一番憎たらしいヤツに復讐する前に
捕まっちゃったりするじゃない?
「罪を重ねない」ってのは重要だけど、なーんかモヤモヤするんだよね。

だから、今回のラストみたいに、復讐すべき相手を明確にして、
その全員に復讐を果たすって、まさに「清々しい」なぁ~って思うのです。
いや、理由はどうあれ殺人が褒められたことじゃないのは確かですが。
復讐しても、愛する人は戻ってこないしね・・・
自ら命を絶ってしまうしね・・・(遠い目)

でも、中途半端にして、捕まっちゃったら、物語としてつまらなかったから、
良い結末だったと思う。
死んじゃってるから、喜べないけどね~・・・

*

e0023247_2237463.jpge0023247_2237569.jpg


パンフレットと団扇(右側が「映画とは関係ない」お尻・・・w)。
マッチみたいなパンフがカワイイ。
開けたら、さらにマッチっぽくてキュン。
かわいい。
[PR]
by さや | by SAYA-PEA | 2011-09-17 22:42 | TEAM NACS …おもにハンサム。 | Comments(0) |

<< 2012年 TEAM NACS... SPECで三角関係?! >>