深説・八犬伝~村雨恋奇譚~

e0023247_2126885.jpgアクション時代劇
深説・八犬伝
~村雨恋奇譚~






2011.2.14 MON
 18:30 開場
 19:00 開演

シアタークリエ

★バレンタインスペシャルカーテンコール


【作・演出】西田大輔
【CAST】
高橋一生 中村誠治郎 古川雄大 保坂知寿 城咲あい 羽場裕一
大和田美帆 加藤良輔 窪寺昭 倉田英二 齋藤ヤスカ 桜田航成 汐崎アイル
根本正勝 村田雅和 ほか

【STORY】
不思議な珠と痣を持つ青年、犬塚信乃戍孝(高橋一生)。
亡き父との約束を果たすため、信乃は許嫁の浜路(大和田美帆)を郷里に残し、名刀・村雨丸を携え旅に出る決意をする。旅立ちの日、信乃の前に一人の男が
現れる。男の名は金碗大輔孝徳(羽場裕一)。
彼こそが夜ごと信乃の夢枕に立ち、旅路を促した男だった。
大輔は信乃に、同じ珠と痣を持つ七人の仲間を探すよう告げる。そして八人が
揃いしその時、信乃ら里見の八犬士の宿命について語ろう、と。まるで夢物語の
ような話をにわかには信じられない信乃。そんな彼を動かしたのは、浜路の家に
仕える幼馴染・犬川荘助義任(中村誠治郎)の存在だった。荘助もまた、信乃と
同じ珠と痣を持つ犬士の一人だったのだ。信乃、荘助、そして一途に信乃を想う
浜路の三人は、金碗大輔孝徳に導かれるようにして旅を始める。
美しき女田楽師に身をやつした犬士・犬坂毛野胤智(古川雄大)をはじめ、次々
に仲間と出会う信乃たち。しかし、村雨丸を狙い、その道中を阻もうとする謎の女がいた。玉房(保坂知寿)である。聖女のような、鬼女のような彼女の正体とは? また、八犬士たちの宿命の秘密を握る伏姫(城咲あい)とは? 村雨丸に隠された秘密とは? 犬士たちの熱き闘いが今始まる・・・・・・!!



 
*

開幕直前イベントに行って、1回じゃ足りないかもなぁ・・・なんて思っちゃって、
来週観る予定だったけど、今週も観に行くことに。
で、14日・・・バレンタインデーは、出演者からプレゼントがある!って言うので、
せっかくだから・・・と、14日セレクト。
来週は最前列で観れるから、今回はあまり前方の席に拘らず、
舞台が見渡せる真ん中くらいのポジションから。

以下、ネタバレあり。

なんか・・・テレビっぽいというか、ゲームっぽい始まり。
すぐに本編が始まるんじゃなく、オープニングシーンがある感じで。
ドラマとかの、始めにちょっとストーリーが進んで、主題歌入りまーす!みたいな。
一瞬、「え。八犬士、すでに出会ってるのか??」ってビックリしちゃったもん(汗)
でもって・・・ビミョーに長い。
ワタシ的には、あのオープニングシーンでの、ゆっくりな殺陣は・・・
もうちょっと短くても良いんじゃないかと思いましたです(汗)
休憩含めて3時間以上の大作なわけだし・・・
・・・DVD化したときの、スタッフロール用の長さか?なんて勘繰ったり(ぉい)
だって~・・・水戸黄門みたいにオープニングでキャスト紹介しちゃうのあるじゃん?
まぁ・・・クレジットの後ろで流す映像にしてはもったいないけど。


あ・・・オープニングだからこそ、村雨丸が光るカッコイイシーンがあるわけか。
あの後は、刀光らなかったもんなぁ・・・
あと、光る珠が幻想的でステキだったなぁ。
最初、それぞれがそれぞれの色なのかと思ったら違うのね。
てか・・・文字が青く浮かび上がる珠と、後に出てくる珠は違うのか?!

あと気になったことと言えば・・・場面転換が多いね。
これはナカナカ良い感じだなーなんて。(←何様?(汗爆))

あ。前半、信乃様(高橋一生)と毛野(古川雄大)のマイクが・・・
ちょっと目立ってたかも(汗)
後半はあんまり気にならなかったんだけど・・・気のせい?

・・・ま、そういうのはココまでとして。

ストーリーですが・・・ちょっと難しい。(←私の理解力の問題)
・・・名前似てるしさぁ。
それぞれ母親いるのに、伏姫が産み落としたっていうしさぁ。
伏姫が玉房だっていうしさぁ。
なんか・・・にわかには事態を飲み込めず(汗)
まぁ、来週はもうちょっと理解できるかと期待。

トークイベントの時に言ってた、「浜路の殺陣(?!)」・・・見逃さなかった!(笑)
ほんとにほんの一瞬だったねぇ(笑)

信乃様のお姿は、写真で見るよりもしっくり。
うむうむ。ステキ。

シャンドン伯爵・・・じゃなく、「毛野」な古川雄大さんは、麗しくていらして・・・
やはり良いのぉ~♪(まぁ、今回の舞台のお目当てさんですからね)

んで、名前も顔も知らんかった(失礼)方々も、ステキ指数高め!(笑)
八犬士の一人、「大角」な根本正勝さんとか~
影衆の一人、「夜叉」な桜田航成さんとか~
影衆の一人、「血椛」な村田雅和さんとか~

夜叉はどうか知らんけど、大角と血椛は誰かにちょっと似てるなぁ・・・
って思って見てたりなんかして。
大角は、戸次さんっぽく、関ジャニ・すばるくんっぽく見えるときがあって、
血椛は、波岡一喜さんの系統だと思うのよね。

てか、キャラが良いよ。好き。
大角は、いつも本を読んでる物知りさん。
夜叉は、いつの間にか居て居なくなってる、いかにも影って感じの非情な人。
血椛は、策士・参謀で、冷静。冷たい人かと思いきや、
最後玉房に話す時のトーンが優しくて・・・ちょっとキュン。(ぉい)

でも、キャラで言ったら「小文吾」が面白いなぁ。
女田楽師になってるときがいくら美しいからって・・・
毛野だってわかるだろ!ふつー!(笑)
「空気読め」とか、毛野に殴られ、みんなに殴られ・・・てるんだが、
きっと一番の愛されキャラ(笑)
あぁ、「現八」も好きだなぁ。豪快で優しい。包容力があるタイプね。

結末一歩前。
オトナ(?)3人が、因縁から解放されたって、めでたしめでたし風の流れ・・・
ぉいぉいぉい・・・って思っちゃった。
八犬士が、自分が産み落とした子供たちだとしても、巻き込んじゃダメだろ!
死んじゃってるし。生きてても、みんな怪我してるし。
オトナたち、勝手じゃね?
って。

で、結末。
・・・あ。ほんとにネタバレなので気をつけてね。

わーお!
生き返ってるーー!!!
みんなの怪我、治ってるーーー!!!
すげー・・・
めでたいな。これならめでたいな。
終わりよければ、途中で怪我しても、死んじゃっても、問題なーし!!
・・・ってことですかね。

まぁ、ハッピーエンドに越したことはないんだけど。
・・・原作知らないけど、結末同じなん?

どうも、話の流れ自体には上手く馴染めなかったけど・・・(汗)
キャスト陣は見目麗しく、度々笑いあり、殺陣はカッコ良く、面白かった。

うひひひ☆
来週は最前列ー!
見目麗しきキャスト陣を間近でガン見してやるぅ~!!


あ。そうそう。
忘れちゃいけないことがあった!
プレゼント!!

e0023247_21264286.jpg


終演後、スペシャルカーテンコールということで・・・
出演者の皆様が客席に降りて、バレンタインのチョコをプレゼント!!
・・・まぁ、当然ながら、全員に手渡しというわけじゃないんだけどね。
通路側の人は、誰かしらから直接受け取れるけど。

んで、私の列は、「血椛」さんからだったよ。
間近で見ると・・・やはり、なかなかステキ♪
劇中では見られない笑顔を見れたのは良かったかも!!

そして、外に出ると大雪!
いやー・・・なかなか面白いバレンタインデーだったなぁ。


*

あぁ、そうそう。
私は残念ながら違う日程のチケット取っちゃってるから行けないんだけど・・・
2月21日(月)19:00開演の部終演後には、
「八犬士トークショーイベント」がございますのよ。(←なぜか宣伝(笑))
 参加出演者:
  高橋一生 古川雄大 中村誠治郎 
  加藤良輔 窪寺昭 齋藤ヤスカ 汐崎アイル 根本正勝

八犬士8名によるトークショーかぁ・・・
先日の開幕直前イベントとはまた違ったお話が聴けるんだろうなぁ(羨)
[PR]
by さや | by SAYA-PEA | 2011-02-15 23:04 | エンタメ(*≧∇≦)b | Comments(0) |

<< ばいぞう すってんころりん☆ >>