悪人

e0023247_1245556.jpg悪人

 なぜ、殺したのか。
 なぜ、愛したのか。






2010.8.7 SAT

よみうりホール

☆2010年9月11日公開


【監督】李相日
【原作】吉田修一
【脚本】吉田修一 李相日
【音楽】久石譲

【CAST】
妻夫木聡 深津絵里 岡田将生 満島ひかり 柄本明 樹木希林 ほか

【STORY】
保険外交員の女性の遺体が発見される。事件当初、捜査線上に浮かび上がったのは地元の裕福な大学生・増尾(岡田将生)だったが、やがて容疑の焦点は土木作業員・清水祐一(妻夫木聡)へと絞られる。しかし警察の目を逃れ、彼は別の女性・馬込光代(深津絵里)を連れ、逃避行に及ぶ。



 
*

切ないなぁ・・・

誰が本当の“悪人”なのか?
って・・・なんとも難しい質問だよ。ほんと。

人を殺しちゃった祐一は悪いけれど、
佳乃があんなことしなきゃ、あんなことを言わなきゃ起こらなかった殺人だし。
つか、殺さなかったら、何も悪いことしてないのに祐一がひどい目に合ってたし。

とはいえ、殺されちゃった佳乃の家族を思うと、佳乃が悪いとも言えないし・・・

あぁ、でも・・・殺人は犯してないけど、増尾は悪い。
なんで平気でそんなことを出来るのか、まったく理解できん。
好青年な役が多い岡田将生くんだけど・・・今回は、全然好感度なし!
ほんと、ヒドイ男だったわ。

あと、ばーちゃんを騙す悪徳業者も悪いね。

光代は・・・
自首しようとしてる祐一を引きとめて逃避行しちゃうから、悪いかなぁ。
まぁ、やっと出逢った人だから一緒にいたいって気持ちもわかるんだけど・・・
んー。

光代の妹の言い草もヒドイと思うが、わからなくもない。事情を知らなければ、
「出会い系サイトで出会った殺人犯」と一緒にいたい
なんて言う姉に文句言って当然だと思うもん。

祐一の母親も悪い。
なんなら、この人が祐一を捨てさえしなければ、もしかしたら・・・と思う。
子供の頃に、誰も自分の言う事を信じてくれないって思っちゃったから・・・

うぅ~・・・みんな悪人。それぞれ事情はあるけど、悪い。
誰でも、ちょっとしたことがきっかけで悪人になっちゃうんだなぁ・・・・・


それにしても。
祐一さー・・・ちょっと思ってたのと違うんだよなぁ。
光代と会ってからのことはまぁ、一応理解できるとしても・・・
佳乃のムービーには、ちょっと引いたわ~。
なーに撮っちゃってんのさ。
・・・もしかして、そういうの撮っちゃうのって普通なの?(汗)

光代・・・すごいなぁ。
私・・・まだ2回しか会ってない祐一と一緒にいたいって思えるか・・・わからん。
逃避行の間に、祐一がとても優しいことや、淋しさや悲しみを抱えてることが
わかってきて、愛おしく思うのはわかるけど。

うん。祐一は優しかったなぁ・・・・・

はー。切ない。
みんな悲しくて・・・切ない。
[PR]
by さや | by SAYA-PEA | 2010-08-08 13:12 | 映画★MOVIE |

<< 謝罪の罪 劔岳 点の記 >>